スタッフブログ【LadyB】

スタッフブログ【LadyB】

2008年05月30日 一人で爆笑・・・

私は、司会の他にも歌のお姉さんの様な活動もしてます。
それで、何かいい歌はないかなぁ〜と、
「ユーチューブ」で色々検索してました。
そしたら、面白いものを見つけたので・・・。
NHKのうたのお姉さんの絵のセンス、凄すぎます(笑)

これが、彼女の書いた「どらえもん」らしいです(笑)
image005_p.jpg


2008年05月29日 ランチ☆

水曜・定休で、LadyBメンバーと仲良くランチにでかけてきました。
外でゆったりとランチ♪♪いいですね〜。

200805281405000.jpg
e0025497_0452180.jpg
e0025497_0124342.jpg


2008年05月25日 天気予報の結果は?

昨日・24日の降水確率は90パーセントか80パーセントでした。
私が会場入りした時は、ちょっとだけポツポツ降ってたのですが、
絶対に止んでほしかったので、私も意地になって傘は持っていかなかったのです。
前日に新婦が「どうしてもガーデンで式をしたいんです・・・」って言ってたので、
私も心から祈りました〜。
担当の方も自称「晴れ男」
お2人や列席の方やスタッフや・・・全員の気持ちが通じたんですね。

お二人の挙式の時間は雨が上りました。
その上、雨のおかげで空気はとても清清しくて、気温もとってもちょうどいい感じ。
何だか、神聖な気持ちになりました。

そんなお二人の式も披露宴も、とっても素敵でした。
新郎さんはだだ泣き(笑)
新婦さんはず〜っとキラキラ笑顔。
心が温かくなる。そんな時間でした。

2008年05月23日 天気予報

「雨女ですか?晴れ女ですか?」

これは、よく聞かれる質問です。
どうなんでしょうね・・・。
私は、自称「晴れ女」ですが、そりゃあ自然現象ですから、
雨の日だってありますよ!
136410-440001-0000-20080523060000.gif

でもね、披露宴や挙式をガーデンで予定されてる方々にとっては、
これは大きな問題!
そう。司会者にとっても。
以前、降水確率が90パーセントとかで、
「雨が降った時用」「晴れ用」の進行表を2枚作った事もあったな・・・。
今、天気予報を見たら、
降水確率90パーセント!!!!だって・・・。

明日担当させて頂くお2人はガーデンでの挙式予定なのに。。。
お願い!!

明日天気にな〜れ!!


2008年05月18日 お仕事の後のお楽しみ・・・

一般のOLさんや会社員の皆さんにとって、金曜日の夜や土曜の夜って、羽根を伸ばせる休前日ですよね〜。
私達ブライダルのお仕事等、サービス業の人間にとってのそれが、日曜日。
月曜日もお仕事ある事ありますが、何だか日曜日が終わるとホッとします。
そんな時のお楽しみ・・・。
それはやっぱりこれしか無いでしょ。

「お・さ・け」

土曜日・日曜日と、よく頑張った!と自分を労い、乾杯です。
普段は手軽にお家でビールなんですが(笑)
今日はちょっと洒落てます。
image1.jpg

そう。カクテルです(*。*)

お店の方にブログに載せると言ったら、可愛く飾り付けして頂きました。
あと、写真とり忘れましたが、「運勢の上るカクテル」も頂きました。
そのお店のオリジナルで、効果は絶大!!!との事。
ホントかな・・・。
どんないい事がやってくるのか楽しみです(^^)

2008年05月16日 ランチボックス☆

昨日のお昼はメンバーが来社。
手には大丸で購入のオシャレなランチボックス☆
紙で出来た箱の中身は♪♪♪
鶏肉のロースト・・・サラダ・・・ラザニア・・・とってもオシャレで美味しいランチでした。
お天気のいい日に芝生の上で食べたい感じです。


最近、平日はとってもお天気がいいですね。
でも、先週の土曜はすごい雨でしたね〜。
ガーデンでの人前式と披露宴は大変だった〜と聞きました。
今週末・18日は「大安」!
沢山のご披露宴があります。
いいお天気になるといいなぁ〜。


2008年05月13日 朝のゆったりカフェ

先日、とあるホテルに披露宴の打合せにお邪魔した時の事です。
朝一番、清清しい空気の中、自然溢れるそのホテルに到着。
すると、担当の方が、「お客様1時間遅刻だそうで〜」と
とっても申し訳無さそうに・・・。
そして、「1時間、ラウンジで、お茶して来てください!」・・・と。

思いがけずの〜んびりと時間を過ごさせて頂きました。
200805071009000.jpg
お天気がいい日のここのホテルのラウンジは最高です。
緑が溢れて、池があり、そこには鯉が泳いでいて。
日当たりの良い窓辺に案内して貰ったので、
ご機嫌この上無しでした。

誰と会うわけでも無く、何か資料を作らなくてはいけないわけでも無く、何も予定無く、
お天気の良い景色を眺めている事にこんなに安らぎを感じるとは、自分でも驚いた程。
すっかりリフレッシュさせてもらっちゃいました。

2008年05月10日 ベールダウンティアラセレモニー

先日出会った新郎新婦は、とても優しくて男前な新郎と、笑顔の似合う人懐こくて可愛い女性でした。
そんなお二人・・・というか新婦が、人前式で、ベールダウンセレモニーとティアラセレモニーをやりたい!!とご希望されていました。
しかも、お母様をサプライズ(突然)お呼び出しして、ティアラを付けて頂いて、ベールを下ろして欲しい・・・と。
新婦の強い思いをどうにかして素敵に演出したい!!と、担当の方と司会の私は、頭をひねり、その流れを考えました。
通常リハーサルのある人前式で、突然お母様をお呼び出しして、スムーズに運ぶ方法・・・。
そして、新婦の髪にどの様にティアラを取り付けるか・・・。
結局、打合せは、披露宴の打合せも合せて3時間を超えました。

ここでウェディングベール・ベールアップの由来についてお話します。
☆ウェディングベールについて・・・
    昔から清浄のシンボルとされており、悪魔や悪霊から身を守るといわれています。

☆ベールアップの由来について    
    ご両親に守ってもらってた今までに節目をつけ、魔除けのベールに包まれて新郎の元へ。
    父親から花婿に託された花嫁には、魔よけのベールは不要となり、花婿の手で外され
    二人の新しい人生がスタートする、という言い伝えがあります。

このような意味を持つベールとベールにまつわる儀式。
今までの生活から新しい生活への節目の日、今まで愛情を持って育ててきたお母様の気持ち
「本当におめでとう。幸せになってね」 という気持ちを込めて、ベールを降ろしてあげる。
これを行う場所は控え室でもいいと思いますが、
挙式で、皆さんの前で行うのも素敵です。
「これからはご両親に代わり新郎さんが花嫁さんを守る」
こういった意味を込め、魔除けであったベールを新郎さんの手で取り除き
誓いのキスをするのです。
う〜ん。ロマンティクが止まらない感じです。

結果、本当に素敵な結婚式になりました。
まず、新郎の入場。その際は、ブーケセレモニーで、会場の皆さんからお花を集めながら進まれます。
そのお花をブーケにして、新婦へプロポーズと共にお渡しになるのです。
少し照れながら、参列の皆様に冷やかされながら歩かれていました。
続いて新婦の入場。その際はご親族のエスコートで扉のすぐ前まで入って来られました。
ここで、お母様に、「花嫁の仕上げ」としてティアラを付けて頂き、ベールダウンして頂きます。
お母様は、最初戸惑っていらっしゃいましたが、涙を流し、微笑みながら新婦にティアラをつけて、
本当に綺麗に優しくベールを下ろして下さいました。
そして、お二人揃われての、プロポーズ・・・お二人らしい誓いの言葉・・・。
会場が感動の雰囲気と笑顔で包まれる様な、そんな式でした。

人前式は宗教や慣習にとらわれずに、二人にとって大切な方々に証人となって頂くというスタイルの結婚式です。どんな風にアレンジする事も可能です。
チャペルでの幻想的な挙式も本当に素敵だし、自由な人前式もいいし・・・どんな挙式にするのかもきっと皆さん迷われるのでしょうね。

2008年05月08日 ふわふわタオル☆

最近、いえ、前から私がはまっているもの・・・。
それは、ふわふわのタオルです。
200804152212000.jpg
こちらは、「ユニクロ」で買ったタオル・・・1枚1500円です。
こんなお買い物で幸せ〜な気持ちになれてしまいます。
色もいっぱいあって楽しいし、分厚くてとってもオススメです。

花粉症の為、つい最近までは外に洗濯物を干すのが怖くて、
近くのコインランドリーへ乾燥機だけかけにいってました。
天日干しだと、ちょっとゴワっとするタオルもドラム式の乾燥機にかかれば、ふわふわ!!
これは、魔法です。
思い切って、今回、ドラム式の洗濯乾燥機を買おう・・・と決意しましたが、
自宅の洗面所にサイズ的に入りませんでした(涙)
また、ふわふわを求めてコインランドリーに通う日々が続きそうです。

2008年05月01日 4月は・・・

知らない間に4月が終わってまして・・・
「ブログ、見てるよ」とお声がけ頂く度に夏休みの宿題を貯めてる子供の様に
心を痛めておりました(笑)

4月は、慌しかった・・・。
学校の入学式の司会から、企業ナレーションのお仕事。
そしていつもお世話になっている各会場のブライダルフェアの司会も何件かさせて頂きました。
200804131544000.jpg

その中でも今回は、「お水あわせ」という古くて新しい?ものをご紹介。
200804131542000.jpg
古くからの習慣で女性が男性のお家に嫁ぐ時に、“新婦が新しい土地の水で体調を崩さないように”や、“新郎新婦が育ったそれぞれの家風の違いを乗り越えて新しい家庭に馴染めるように” 
という願いを込めて、両家のお母様が朝一番に汲んだお水を持ち寄り、
一つに注ぎ合わせたものを新郎新婦が飲むという儀式をしていた事が由来とされているんです。
そのお水合わせの儀をアレンジして、こちらの会場ではオリジナル和人前式の演出としてご両家の出身地の日本酒を持ち寄って頂き行うんです。

なかなか素敵でしょ?
和婚ブームですものね〜。
お父様・お母様世代には、「古い!」と思われる物が、今の若いカップルにとっては斬新に見えたりするものなんですね〜。
お餅付きなんかもあって、とっても楽しいフェアでした〜。